京都納涼床とふわふわ創作かき氷。抹茶・甘酒・赤紫蘇のこだわりシロップで

京都の川床でかき氷

なんといっても暑い夏にぴったりの清涼スイーツといえば、そう「かき氷」。鮒鶴京都鴨川リゾートのレストランルアンでは、大人リッチな味わいのかき氷が新登場!フレンチのパティシエがこだわった、ふわっふわの創作かき氷をご紹介します。

こだわり① 天然水からできた超高純度の氷

かき氷用のブロックアイス

かき氷はなんといっても氷の質。一般の冷蔵庫で作った氷では、どうしても気泡などの不純物が含まれてしまいます。不純物の多い氷は早く溶けてしまうため、細かく削ることができません。昔ながらのシャリシャリ感を楽しむならいいのですが、細かく削るためには純度の高い氷が必要となります。

  • 氷:京都 アサヒ氷業「美里氷室」

美里氷室は、三重県鈴鹿山系源流の地下150mから汲み上げた天然水からできた純氷。透明度の高い軟水を、さらに最新ろ過技術でカルキや雑味を取り除き、約72時間かけてゆっくりと凍らせた、極めて純度の高い氷なのです。

こだわり② 頭にキーンとこない?ふわふわ食感の氷

ふわふわにけずられた氷

かき氷を食べると頭がキーンとなりますよね。あれ実は削り方で抑えることができるんです。

キーンとくるのは、口の中で長くとどまる「冷たい刺激」が、頭のセンサーで「痛みの刺激」に変換されてしまう現象。氷の粒が小さければ小さいほど溶けるスピードも早くなるため、「冷たい刺激」をそのまま「冷たい」と感じることができます。

純度の高い氷は、専用の氷削り機で細か~く削ることができます。すると粉雪のようなふわっふわの柔らかいかき氷ができあがります。スプーンで刺した感覚がないくらいのかき氷を、まずは何もかけずにひと口どうぞ。口に入れた瞬間に溶けてしまう、ひんやりなめらかな舌触りは、やみつきになりますよ。

こだわり③ 大人の味わいシロップ3種がけ&トッピング

抹茶、赤紫蘇、柚子、甘酒

極上の氷と合わせるシロップは、京都の特産品や食材を使ったこだわりの3種類をご用意。宇治七茗園と称する琵琶園の「抹茶」、柚子の香りを効かせた「甘酒」、βカロチン豊富な「赤紫蘇」といった和の味覚を、優しい味わいのシロップに仕上げました。かける量はお好みで、シロップ同士やトッピングとの組み合わせによって新しい発見がありますよ。

  • シロップ:3種類
      上林春松本店抹茶「琵琶の白」
      甘酒と柚子
      京都赤紫蘇
  • トッピング:2種類
      アロエのコンポート
      あずき

※季節食材の仕入れにより一部内容が異なる場合がございます。

【平日限定】晴れの日は鴨川ビューで創作かき氷

かき氷にシロップをかける

今回ご紹介のかき氷は、鮒鶴京都鴨川リゾートの季節限定のスイーツです。京都の夏、開放的な納涼床のお席をリザーブして、川床ランチやディナーもお愉しみいただけます。

納涼床とかき氷 ~京の彩り~

京都鮒鶴のかき氷

料金 1,500円(税込)
期間 2021年7月1日~8月31日の平日
※2022年はかき氷の販売予定はございません。ご了承くださいませ。

LE UN(ルアン)鮒鶴京都鴨川リゾート
所在地 京都府京都市下京区木屋町通松原上ル美濃屋町180
問合せ TEL 0120-210-289 VMG総合窓口(11:00~20:00)
https://www.funatsuru.com/restaurant/