海外と日本のクリスマス文化の違い【ルアンのXmas2021】

12月に入ると街中にはクリスマスソングが流れてイルミネーションが輝きだし、心躍る気分になります。12月25日のクリスマスはキリストの生誕をお祝いする日ですが、日本のクリスマスは宗教観はなく、 いつもよりちょっとお洒落をして恋人たちが愛を語る日として、またクリスマスイベントを楽しむ日として捉えられています。とはいえ、外国人がクリスマスを大切にしている背景も知っておいたほうが良さそうですね。

今回はクリスマスの起源、海外と日本のクリスマス文化についてご紹介したいと思います。

クリスマスの起源

クリスマスの起源は諸説あり、2世紀~4世紀頃ではといわれています。古代ローマのミトラス教から始まったもの、古代エジプトの樹木信仰、収穫祭や冬至祭りなどの土着信仰が融合し、ローマ皇帝によってキリスト教のクリスマス行事として広まったようです。またクリスマスツリーの起源は、ゲルマン民族の「ユール」というお祭りから。そのため北欧諸国ではクリスマスを「ユール」ともいいます。

クリスマスの捉え方は国や宗教によって違いがありますが、欧米諸国では神聖な日とされているのは共通しています。

クリスマスとクリスマスイブ

「クリスマス」は12月25日ではありますが、厳密にいうと『 クリスマス = 12月24日の日没後から25日の日没前まで 』となります。その24日の夜のことを「クリスマスイブ」といいます。イブは別の日ではなく本来は「クリスマスの日」の中に含まれているのですね。

日本では「イブ」を「前日」と思われていますが、正しくは『 クリスマスイブ = クリスマスの夜 』という意味なのです。

アメリカのクリスマス

多種多様な国の人が集まるアメリカでは宗教も様々ですが、最も多いキリスト教で信仰心も強く持たれています。クリスマスは一年で最も大切にされていて、日本に例えると盆と正月が一緒に来たような意味のある伝統行事なのです。早いところでは11月からクリスマスの準備が始まり、クリスマスマーケットが開催されて街にも活気があふれます。

クリスマス当日はほとんどのお店が閉まって街は一変。教会に出向いて祈りを捧げ、家族とゆっくりと過ごすのが一般的。遠く離れている家族や親戚も集まり家でご馳走を食べたり、クリスマスカードやプレゼントを交換をします。

フランスのクリスマス(ノエル)

フランスではクリスマスを「Noël(ノエル)」といいます。フランスの伝統菓子、切り株型のケーキの「ブッシュドノエル」で聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。切り株・薪は、お祝いの意味や無病息災の願いが込められているのだとか。

一般的な家庭では、家族でミサに出向き、家に帰ったら暖炉で暖まり、プレゼント交換をしてケーキやご馳走を食べて過ごします。フランスのクリスマスも年に一度の大切な行事になっています。

日本独自のクリスマス文化

日本に初めてクリスマスの前身がやってきたのは16世紀頃。イエズス会のフランシスコ・ザビエルとともに来日した宣教師コスメ・デ・トーレスによって、国内で降誕祭が行われたとされています。

日本のクリスマスイベントとして庶民に広まったのは明治33年、銀座の明治座からクリスマス商戦をきっかけに始まりました。クリスマスツリーやサンタクロースなど楽しい雰囲気のクリスマスに購買意欲をそそられ、クリスマスケーキやプレゼントを用意する家庭が増えていきました。

今でも小さな子どもがいるご家庭では親がプレゼントを用意して、子どもが寝静まったころに枕元に置くのがお決まりです。日本ではイブの夜は恋人とロマンチックに過ごしたり、また友人と集まりパーティを開いて陽気に過ごしたりします。

クリスマスの過ごし方 海外と日本との違い

クリスマス発祥の欧米諸国と、後に取り入れた日本とではクリスマスの習慣も少し違うようです。一般的な家庭を参考に見てみましょう。

海外のクリスマス

  • クリスマスマーケットはクリスマス当日は閉店して街は静か
  • 厳粛なキリスト教徒は教会に出向いて祈りを捧げる
  • クリスマスは家族や親戚と集まって家でゆっくりと過ごすもの
  • 子どものプレゼントは家族みんなからたくさんもらう
  • 大人のプレゼントは高価すぎないものを交換する
  • クリスマスのご馳走は、七面鳥、シャポン(雄鶏)、魚介類など
  • デザートは伝統的な焼き菓子やパウンドケーキなど

日本のクリスマス

  • クリスマス当日も営業するお店も多く街は賑やかで活気がある
  • クリスマスに宗教観はなく楽しいイベントのような位置づけ
  • 家族よりも恋人とのデートや友人との約束が優先される
  • イブが重要視され豪華ディナー、告白やプロポーズのタイミング
  • 子どものプレゼントはサンタさん(親)から基本的に一つ
  • 家でのご馳走は、ローストチキン、ビーフシチューなど
  • デザートはクリームでデコレーションされたクリスマスケーキ

こうして見比べてみると、日本は独自のクリスマス文化が発展してきたようです。サンタクロースを信じている子どものころは家族と一緒に、大人になるにつれて次第に友人や恋人を優先するようになるのですね。家族とは大晦日や正月でね、といったところでしょうか。

ルアンのクリスマス(ノエル)

全国にあるフレンチレストラン ルアンでは、各会場ごとにとっておきのクリスマスメニューをご用意しております。

地域ならではの新鮮な魚介類と肉料理のメインディッシュをはじめ、旬食材をふんだんに使ったスペシャルなランチ&ディナー。フランス流にワインとご一緒に、またお料理に合わせた日本酒とのペアリングもぜひお愉しみください。

重要文化財や歴史的価値の高い建造物、古民家などをリノベートした趣のあるダイニングで、特別なひとときを。

VMG RESTAURANTS Christmas menu 2021

レストランルアンを含めた、VMG HOTELS & UNIQUE VENUES 全施設のクリスマスメニューのご紹介はこちらから

クリスマスディナーを11月30日(火)までにご予約いただきますと、乾杯のグラスシャンパンをプレゼントしています。個室ご予約の場合はお早目にどうぞ。

また、記念日のサプライズ、プロポーズ、パーティのご相談も随時承っております。詳細記事はこちらから。

ルアン各会場へのお問合せ
TEL 0120-210-289 VMG総合窓口(11:00~20:00)

2021年も残すところあと少し。今年一年を振り返りながら、大切な方と心に残る時間をお過ごしくださいませ。それでは、メリークリスマスをフランス語で。
Joyeux Noël !(ジョワイユー ノエル!)