NIPPONIA HOTEL 大洲城下町Operated by VMG

scroll
concept

肱川ありきの城下町「伊予の小京都」大人の旅

市内のおよそ7割が森林で、中央部に盆地が開かれる大洲のまちは 昼夜の寒暖差と、象徴である肱川を中心に町が成り立ち 独自の文化を育んできたことが伺える。

藤堂高虎や加藤貞泰ら多くの武将によって守られた 大洲城は日本初の城に宿泊するキャッスルステイを実現し、 城下町は「伊予の小京都」と言われ、当時の面影に触れることができる。

臥龍山荘などの歴史的に価値の高い幾つもの建造物は このまちの魅力であることには間違いないが、 ここに住まう人たちは肱川と大洲城を中心とした営みの中にあり 真面目な気質と温かみにあふれ このまちを訪れる旅人は、再び訪れたくなる そんな魅力に溢れている。

観光地としての見所はもちろん、肱川や大洲城でのアクティビティや まちに点在する分散型ホテルでの宿泊は、 客室での時間そのものが唯一の体験になる。 全ては大人の旅を満足させる。

伊予の小京都・大洲城城下町

愛媛県南部に位置する大洲盆地。 瀬戸内海に雲海がそそぐ、肱川あらしの幻想的な絶景で知られる清流肱川によって長い時を経てかたちづくられてきた自然豊かな地です。
大洲城がそびえたつ大洲はその美しいまちなみから「伊予の小京都」と謳われていました。肱川のほとりに位置する城下町には、静かな水路、江戸から明治期の屋敷や商家、四季折々に変化する自然が織りなす風情ある景色が広がります。
いまも残る古き良き町並み、その土地の歴史と文化にひたり、思いを馳せる旅へ。

大洲

まち全体がホテル 大洲を味わいつくす非日常ステイ

木蝋で財をなした豪商の邸宅や蔵、創業400年続く元料亭など、大洲の由緒ある邸宅が、悠久の時を経て11室の上質な宿へと生まれ変わりました。大洲城のお膝元にあり大洲城を間近に望める棟、旧宇和島街道沿いの江戸後期築の初代大洲銀行頭取である豪商 村上長次郎邸をリノベーションした棟、創業400年の老舗料亭の元別館とそれぞれに魅力ある上質な客室が揃っております。価値ある建物だからこそ当日の意匠や建築美が美しく、非日常を体感いただけます。

SADAフロント・レストラン

大洲のアイコンである大洲城の目の前に位置する歴史的な邸宅「浦岡邸」。大洲の長い歴史を見守ってきた邸宅がフロントとレストランを兼ね備えた客室棟へと生まれ変わりました。関ヶ原の戦、そして大坂の陣にて出陣し巧をたてたのち、大洲藩の初代藩主となった"加藤 貞泰"から名付けました。 

OKI客室

かつて、ロウの一種「木蝋(もくろう)」で財を成した豪商・村上氏の邸宅。主屋は明治期もしくはそれ以前の建物とされ、1000坪を越える広大な敷地を有しています。豪放な性格の持ち主で藩権力の充実のため、大洲藩領、分家の確立、そして家臣団の充実を行い、大洲藩の体制確立に大きく寄与した二代目"加藤 泰興"から名付けました。

TUNE客室

元は割烹料理を提供する老舗の料亭で、創業の元禄元年から地元の方々に愛され営んでいました。昔の名残をとどめる客室では趣ある雰囲気をお楽しみいただけます。大洲藩の家臣との年貢のやり取りを通し家臣の権力削減と、大洲藩権力の拡充を確立させた三代目"加藤 泰恒"から名付けました。

MITI客室

大正期に藩主加藤家の執務、大洲への帰郷のために建てられた邸宅。国の重要文化財大洲城三の丸南隅櫓を間近に望む、西洋風のモダンさを随所に備えた大洲を代表する近代和風建築の一つ。藩の財政再建、藩校の開設などの功を残す六代目"加藤 泰衑"から名づけました。

  • HOTEL
  • RESTAURANT & LOUNGE

HOTEL大洲城下町の文化を育んできた空間

運営ベニュー一覧

大洲のまちに入ったら、大洲城の目の前にある歴史的な邸宅が滞在のはじまり。その建築が持つ元々の良さを最大限に生かしつつ機能性は現代風にアレンジすることで、土地の歴史を五感で感じながら、快適でリラックスする時間をお楽しみいただける空間が広がっています。入り口も独立、全客室に檜風呂または客室風呂をご用意している小規模分散型のホテルのため、プライベート感ある安心した滞在をお約束いたします。

PICK UP肱川SUP(サップ)

愛媛県最大の清流・肱川で楽しめるウォータースポーツ「スタンドアップパドルボート(SUP)」。サーフボードの上に立ち、カヌーのようにオールを漕いで進みながら、城下町の情緒豊かな風景を楽しむことができます。

PICK UP国の文化財、臥龍山荘

臥龍山荘は、肱川流域随一の景勝地「臥龍淵」に佇む、明治の貿易商が10年かけて築いた山荘です。そんな数寄に富んだ文化財である臥龍淵からの絶景を眺めながら、お茶をお楽しみいただけます。

PICK UP人力車で城下町を巡る

伊予の小京都と呼ばれる美しい町なみを人力車でゆったり散策。車夫から大洲に伝わる伝承なども聞くことができ、徒歩とは違う目線で楽しむことができます。

RESTAURANT地産地消のお料理を
味わうレストラン

運営ベニュー一覧

瀬戸内海の海の幸、自然豊かな山々の幸、そこから流れる清らかな肱川の川の幸。恵まれた自然地形から生み出される数々の愛媛、大洲の美食。そして元文五年に書写されたとされる大洲藩の地誌「大洲秘録」に記される大洲藩の江戸時代からの名産品。そんな数々の食の宝にフレンチの技法で魅力を引き出し、和でも洋でもないイノベーティブフュージョン料理として仕上げます。
日常とはまるで違うゆったりした時に身を任せ、他では味わうことのできない贅沢なひとときをお過ごしいただけます。

PICK UP伝統工芸、”砥部焼”とともに。

地元の食材を使用したフュージョン料理を、伊予が誇る”砥部焼”とともに。その土地の土で作られた器だからこそ、その土地で生かされた食材が最も映えます。江戸からの伝統を受け継いだ陶芸職人の技と、食材の声を聞き一番の美味しさを引き出す料理人の心意気を、一皿に込めて。

PICK UP肱川の恵みを受けた、美食をご堪能

恵まれた自然地形から生み出される数々の愛媛、大洲の美食。肱川の恵みを受けた、季節毎に楽しい地産地消の食材の数々。旬にあわせて、山の幸は里芋やしいたけ、川の幸は鮎などの肱川の川魚、瀬戸内海の幸、鯛や鱧、穴子など新鮮で滋味深い厳選食材をふんだんに取り入れております。

PICK UP大洲の朝日を浴びながら健康的なご朝食を

お目覚めには粕汁、地元食材を使った小鉢や魚料理など、栄養たっぷりの和朝食を。レストランまでの朝の散歩で愉しむ、澄みきった空気もごちそうです。

ACCESS

〒795-0012
愛媛県大洲市大洲888

TEL:0120-210-289