新茶の甘みを楽しめる5月。玉露日本一の産地、八女の最盛期

5月といえば新茶のおいしい季節。「夏も近づく八十八夜♪」と茶摘みの歌にあるように、茶畑では若葉を摘む人々の日本の原風景が見られる時期。平野部の早い地域では、4月中旬から5月にかけて茶摘みが始まります。

日本茶は主に緑茶のことをいいますが、春から初夏に出回る一番茶は新茶とも呼ばれ、一年で最も甘みがあるお茶が楽しめます。ほっと一息つきたい時には、とっておきのお茶があると最高ですね。
今回はそんな身近な飲み物「緑茶」と、最近人気を呼んでいる「八女茶」についてご紹介しましょう。

緑茶の原料と、紅茶・烏龍茶との違い

日本国内で生産されるお茶は「緑茶」がほとんどです。紅茶やウーロン茶と見た目の色も香りもまったく違いますが、実はどれも同じツバキ科のチャノキからできています。

茶葉は摘み採られた瞬間から酸化酵素の働きにより発酵が始まります。発酵が進む前に熱を加えて作られる不発酵茶が「緑茶」。その反対に、完全に発酵させてから作られる完全酸化発酵茶が「紅茶」です。半発酵させた「烏龍茶」や、さらに後発酵させた「黒茶」などもあります。

古くから日本で好んで飲まれたお茶は、フレッシュな味と香りを楽しめる緑茶だったということですね。

緑茶の茶種と呼び名

緑茶といってもその種類はバラエティに富んでいて様々な呼び方があります。一般的によく飲まれているのは「煎茶」と「焙じ茶」、お手頃な「番茶」など。高級なものでは「玉露」「かぶせ茶」「てん茶」などがあります。

また生茶の葉を乾燥させて石臼でひき粉末にした「抹茶」は、茶道やお料理にも使われますが、その品質と味の違いは幅広くあります。

これら流通している緑茶の多くは機械摘みで、手摘みの新茶は特に高級品として扱われます。

毎年春から初夏に摘まれる一番茶

緑茶は収穫時期によっても呼び名の違いがあります。茶葉が収穫されるのは一年に2~4回。その年で一番最初に摘まれる新芽が「一番茶」「新茶」と呼ばれます。八十八夜とは立春から数えて88日目のことで、毎年5月初旬がその時期にあたります。

一番茶は冬の期間に蓄えた養分が豊富に含まれているため栄養価が高く、深い旨みがあっておいしくなります。昔から「八十八夜に摘んだ新茶を飲めば寿命が延びる」といわれ、特に旬の前に出る初物を「大走り」といって縁起を担いだのですね。

収穫時期による緑茶の呼び名

  • 一番茶(新茶):4月中旬~5月
       手摘みは最も高品質で、茶葉の甘みが楽しめるお茶として人気です。
  • 二番茶:6月~7月上旬
       新茶よりカテキンやカフェインが多く、若葉の苦みを楽しめます。
  • 三番茶(番茶):7月中旬から8月
       完全に成長した茶葉。渋みが増すため香ばしく焙じ茶にも。
  • 四番茶・秋冬番茶:9月~10月
       安価で手軽に買えるため、普段使いに需要の多いお茶です。

  ※ 時期は気候や地域によってズレる場合もあります。

日本のお茶どころと玉露日本一の産地、八女

お茶が名産の地域は日本各地にあり、静岡、鹿児島、京都などが有名です。品質の高いお茶はその地名がつき商標登録されています。

高級茶葉といわれる玉露日本一の産地、福岡県八女市の「八女茶」もそのひとつ。栽培に非常に適した環境の中、手間暇かけて作られる八女茶は、全国のお茶生産量の3%ほどしかなく、希少価値が高いお茶です。

八女茶の最盛期は4月下旬から5月上旬と、6月の年2回だけ。新芽が出たころ、藁で覆う昔ながらの伝統手法を守っています。藁で新芽を傷つけず、穏やかに太陽を遮りながら新鮮な空気を取り入れます。新芽と柔らかい2枚の葉までの「一芯二葉」をやさしく手摘み。そうすることで、八女茶特有の爽やかな香りにとろりとした甘さ、深いコクのある旨さのお茶になります。

福岡県八女にある日本茶を楽しめるホテルレストラン

日本茶の中でも最高級品を生み出す銘茶の産地、八女には、その土地ならではの文化が息づいています。

そんな八女に2020年4月にオープンした「NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町」は『JAPANESE TEA HOTEL』がコンセプト。八女のお茶とともにある暮らしと、産地ならではのお茶の楽しみ方が体験ができます。日本茶の新たな発見と可能性を愉しんでいただけるホテル、レストランです。

LE UN(ルアン)NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町

<テラス席★1日12食限定> 5/6~8/31まで
新茶と楽しむ福岡八女抹茶デザート

ご紹介のページはこちらから

所在地 福岡県八女市本町204
問合せ TEL 0120-210-289 VMG総合窓口(11:00~20:00)
公式サイト https://www.yame-fukushimastay.com/

LE UN(ルアン)HOTEL CULTIA 太宰府

<抹茶好き必見>5/6~8/31まで
福岡八女の抹茶尽くしアフタヌーンティー

太宰府の店舗でも八女茶をお楽しみいただけます。詳細はこちらから

所在地 福岡県太宰府市宰府3-3-33
問合せ TEL 0120-210-289 VMG総合窓口(11:00~20:00)
公式サイト https://www.cultia-dazaifu.com/

いかがでしたでしょうか。同じ日本茶でも採れる季節や茶葉の揉みと蒸しかげんによって、香り味わいも大きく違います。いろいろなお茶を飲み比べてお好みの味を見つけてくださいね。