田園を照らして刻々と移り変わる〝夕日〟、名画のような日本の原風景を愛でる
  • HOTEL
  • 関西

田園を照らして刻々と移り変わる〝夕日〟名画のような日本の原風景を愛でる

VMG HOTELSでは、歴史的建築物に泊まり、地域ごとに息づく文化体験を楽しみながら、その土地に溶け込むように過ごす本物の体験をお届けしています。

夕日〟は、毎日やってきますが季節や時間によって黄金色や茜色などの様々な顔を持ち、ふと見ているだけで息を呑む美しさです。どこか懐かしい静寂の中で、日の沈む夕暮れに身をゆだねて、穏やかな心を取り戻す。VMGのお宿に泊まってゆったりと寛ぎながら、誰もが肩書きを降ろして、心が浄化される安らぎのひとときをお楽しみください。

日本の里山の原風景が広がる宿場町〝丹波篠山市福住〟

日本の里山の原風景が広がる宿場町〝丹波篠山市福住〟1

兵庫の篠山市福住は、瓦葺の町家が建ち並ぶ宿場町の町並みと、平屋建茅葺の農家住宅が立ち並ぶ農村集落という二つの異なるまち並みが、西京街道沿いに連続して残されていることが特徴で、周囲の田園風景と一体となった美しい景観が残り2012年には〝重要伝統的建造物群保存地区〟に選定されています。

田園を照らして刻々と移り変わる〝夕日〟、名画のような日本の原風景を愛でる

福住の路地や田園風景に訪れる季節や時間の移ろいにゆっくりと触れる時間は、感性を豊かに蘇らせてくれます。

日本の里山の原風景が広がる宿場町〝丹波篠山市福住〟3

福住では、たんぽぽや土筆が春の訪れを告げ、初夏の道端には露草が、山にはコアジサイが咲き、セミの声が響きます。秋には栗や柿の木が豊かに実り、全国的に有名な農作物〝丹波黒豆〟〝丹波栗〟〝丹波コシヒカリ〟の収穫期を迎え、冬には霧が発生し、豊かな自然環境に一層の深みと神秘さを醸しだしています

大自然に包まれる田園リゾートで、夕暮れの絶景を眺める

大自然に包まれる田園リゾートで、夕暮れの絶景を眺める2

宿場町のまち並みの中にある、〝福住宿場町ホテルNIPPPONIA〟は、江戸時代後期に建てられた地元名士の邸宅でした。お宿は田園や山々に囲まれ、豊かな自然が広がっています。春から初夏の田植えの季節には、夕暮れと共に移り変わる空が田んぼの水面に映し出され、心を穏やかに、浄化していくひとときが訪れます。

VMGコンシェルジュがおすすめする夕焼けフォトスポットは、お宿から徒歩3分の田園風景の中。田植えが終わり、稲が少しずつ育ってくるころは、夜になるとカエルの合唱が聞こえてきます。

日暮れの時間の移ろいに身を任せ、夕日で空の色が移り変わる様子を眺めながら、時の流れを五感で感じる贅沢なひとときをお過ごしください。

Information

福住宿場町ホテルNIPPONIAアクセス

詳しくはこちらをご覧ください。

福住宿場町ホテル NIPPONIA

 

よく一緒に読まれているコラム