母の日の贈り物は家族で楽しく過ごせる時間を。モノよりコト重視で親孝行

母の日のイメージ

毎年5月の第2日曜日は「母の日」。2022年は5月8日(日)です。

母の日にはカーネーションを贈るのが定番となっていますが、最近では形に残るプレゼントよりも、一緒に過ごしたり外食するといったコト需要が多いようです。何を贈るにしても、母への感謝の気持ちがあれば大丈夫。母の日の由来や意味を知って、家族の大切な日として過ごしていただきたいです。

母の日の発祥と由来

白いカーネーション

母の日は日本だけでなく世界各国にもあります。発祥や日程は国によって様々ですが、日本の場合はアメリカの慣習にならって定着しました。

アメリカの起源は、ひとりの娘アンナ・ジャーヴィスが、亡き母の功績を称えて母に感謝する日として創設したのがはじまりです。そしてウィルソン大統領の提唱により、1914年に5月第2日曜日は国の記念日として母の日が制定されました。

日本は明治末期から

母の日の赤いカーネーション

母の日が日本に入ってきたのは明治末期のキリスト宣教師からでした。その後1937年に菓子メーカーが宣伝し全国的に知られるようになり、戦後の1947年に母の日はアメリカと同じ5月の第2日曜日に行われるようになりました。

ただ、母の日は日本の国民の祝日にはなっていません。母の日も父の日もアメリカ発祥で、バレンタインデー商戦と同じように広まった経緯もあり、日本の祝日法ではなく記念日として浸透していった背景があります。

祝日にはなっていないものの、日曜日は多くの人がお休みでもある日。年に一度の母の日は、お母さんに「ありがとう」と伝えてお祝いしてあげたいですね。

贈り物はお母さんの好みのものを

母の日のプレゼント

母の日に感謝の気持ちを伝えるなら、心のこもったプレゼントを贈りたいですね。母の日といえばカーネーションが定番です。色々なお花のアレンジメントのほか、スイーツ、雑貨などのプレゼントが人気ですが、特に決まりはありません。

選ぶポイントはお母さんの好みを知ってチョイスするということ。子どもの頃に作った「肩たたき券」のように、お母さんへの思いやりの気持ちが大切です。

モノよりコトの時代

ドライブのイメージ

最近はモノよりも思い出になるコト需要が増えてきています。母の日も家族でドライブや外食をしたり、近場の旅行が人気です。親が元気で健康なうちに、行きたいところへ行かせてあげたいと思う気持ちからかもしれません。

親への感謝の心は毎日あっていいものですが、つい当たり前になってしまいがち。そうしてるうちに成人になり、親と話す時間はどんどん減っていきます。

改まって「ありがとう」を伝えるのは照れくさいものですが、お母さんにとって家族と一緒にゆっくりと過ごしながら会話をする時間は、何よりもうれしいこと。母の日は、ぜひそんな時間を作ってあげてください。

日頃の感謝の気持ちを、彩りのお料理で

レストランルアンのフレンチディナーコース

母の日は、ちょっといいお食事に誘って日頃の感謝の気持ちを表しませんか。和めるレストランでおいしいお料理を食べながら過ごせば、自然と笑顔になって会話も弾みますよ。

食後は思いを込めたメッセージプレートでさりげないサプライズを。家族からの温かい言葉に、お母さんもきっと喜んでもらえるでしょう。

【5/8~31限定】乾杯ドリンク+メッセージプレート

レストランルアンの母の日特製メッセージプレート

VMGレストラン・ルアン全店では母の日プランとして、乾杯用ドリンクとメッセージプレートをプレゼント。大阪迎賓館では西の丸庭園入場券付など店舗独自の特典もございます。ぜひこの機会にご利用くださいませ。

母の日プランの詳細はこちらからご覧ください。

対象店舗:レストランルアン、VMGレストラン
問合せ:TEL 0120-210-289 VMG総合窓口(11:00~20:00)